脱力バスケと写真

下手だけど写真が好きなただのおっさん。バスケIQは赤ちゃんぐらい。日本バスケのスタッツを解析するだけの簡単なお仕事です。

bjリーグ2013-14シーズン、アドバンスドスタッツ(個人ディフェンス編)

ディフェンス

リバウンド率(条件:45試合以上出場もしくはトータル260リバウンド以上)

PLAYERREB%
クリス・ホルム19.2
アブドゥーラ・クウソー18.6
キブエ・トリム17.9
デヴォーン・ジャイルズ17.5
ルーベン・ボイキン17.1
サム・ウィラード16.8
ジョー・ワーナー16.6
オマー・リード16.4
ショーン・マロイ16.4
エイドリアン・モス16.1

ここは外国人選手中心になってしまうので仕方がない。なので日本人選手について言及する。1位はJこと波多野で11.6となった。総合では少し劣るものの太田より0.6ほど高い。サイズを考えれば良い数字だと思う。

波多野、太田、寺下と続いてDefリバウンド率4位になったのは綿貫。京都ではトータル数だと4番目に多くリバウンドを取っている。出場時間の関係もあるがユービレスよりも多い。

スティール(条件:45試合以上出場もしくはトータル65スティール以上)

PLAYERSTPGSTL40MSTL/TOSTL/PF
ジョン・ハンフリー2.072.50.920.72
ケビン・ガロウェイ2.042.50.560.96
リチャード・ロビー1.922.80.850.91
ナイル・マーリー1.852.30.790.74
バーデル・ジョーンズ3世1.832.40.660.66
デクスター・ライオンズ1.822.30.570.54
ゴードン・クライバー1.712.30.860.62
ジェフリー・パーマー1.712.40.90.55
リッキー・ウッズ1.691.90.460.58
アンソニー・マクヘンリー1.672.30.890.8

昨年は月野、水戸、大口が入っていたが日本人選手は一人もランクイン出来ず。ファールを犯さずにスティールを奪えるガロウェイだけどSTL/TOの値が低い。ガロウェイのスティールは少し価値が低いかもしれない。

日本人選手で特筆すべきは加納 督大。ランキングだと全体で17位だが40分換算にすると平均3.9STLを叩きだした。山内の3.3もなかなか高い。また11位の水戸は昨年に引き続き安定した数字を残している。

ブロック(条件:45試合以上出場もしくはトータル40ブロック以上)

PLAYERGPBLKPGBLK40MBLK/PF
アンソニー・ストーバー522.883.71.21
ジェラル・デービス302.773.41.46
エグゼビア・ギブソン522.133.00.69
ローレンス・ブラックレッジ522.02.70.68
ジーノ・ポマーレ521.672.40.6
アンワー・ファーガソン521.423.30.64
アブドゥーラ・クウソー521.382.30.4
ウェイン・マーシャル481.352.40.52
チェイス・マクファーランド471.342.30.43
アンソニー・マクヘンリー481.331.80.64

ジェラル・デービスの4連続ブロック王を阻止した新ブロック王はアンソニー・ストーバー(東京)に。ジェフ・ニュートンが大阪時代に3連続を記録しているので記録更新はならず。40分換算でもデービスを上回っているのでタイトルレースが盛り上がっていたかもしれない(実際タイトル争いはそんなに盛り上がっていないのが辛いところ…)。

最後にスティールとブロックの両部門で上位に入っている強者を紹介。

PLAYERGPSTL/BLK TOTALAVG
ローレンス・ブラックレッジ521883.62
アンソニー・マクヘンリー481443.00
リチャード・ロビー501432.86
アイラ・ブラウン521332.56

このランキングを見ただけでスティールもブロックもしているシーンをイメージできる。マクヘンリーがリーグのベストプレイヤーと言われる所以もここにはっきり出ている。ローレンスはファイナルズに残っていないがその他の3人はいずれも進出している。

以上。