脱力バスケと写真

下手だけど写真が好きなただのおっさん。バスケIQは赤ちゃんぐらい。日本バスケのスタッツを解析するだけの簡単なお仕事です。

docomoのiPhone5cからBIC SIM(IIJmio)にMNPしてAcer Liquid Z530に変更した

テーマと内容が一致しないわけのわからないブログですいません。

今回はdocomoのiPhone5cからBIC SIM(IIJmio)にMNPしてAcer Liquid Z530に変更した話です。主にZ530のレビュー記事です。当然ながらiPhone5cとの比較になります。比較項目は某所を参考に。

比較&レビュー

携帯性
4インチから5インチになることでポケットに入らないんじゃないかという懸念はあったんですが、全く問題なかったです。ただポケットの浅いパンツだと厳しいです。これは4インチでも厳しかったけど。

ボタン操作
ホームボタンを上にフリック操作するとグーグルアプリが起動するんですが、これが本当に邪魔。文字打ってるときに頻繁に誤操作する。グーグルアプリをオフにすればいいんだけど、それはそれで何か気持ち悪い。この機種だけの問題ではないと思うけどここは不便。

文字変換
そんなこだわりないので特に評価しない。

レスポンス
5cはアプリを複数立ち上げたり文字打ってる時にもっさりすることもあったんだけど、この機種は滅多にない。さくさくで快適。

バッテリー
数時間ネットで調べ物したりLINEやるぐらいでヘビーに使わなければ50~60%は残る感じ。5cより少し減りが早いかな、という具合です。

カメラ
f:id:Shu_KG:20160331213445j:plain
唯一の欠点かもしれない。全体的に暗め、彩度が低めに仕上がる印象。明るいところで撮ってこれ。SNSにあげるときは加工必須だと思います。5cと比べるとそれぐらい画質はダメ。メモ程度で使えればいいと思ってもらったほうがいいかも。画質に満足できない人はフルサイズかフィルムカメラ買いましょう(違

その他の点

良い点としては対応バンドが多いこと。

mag.kakaku.com
docomoのバンドにしっかり対応しているのでMVNO業者はdocomo系になります。この1ヶ月間繋がりにくくなったことはないです。最初からデータ通信はIIJmioにしようと思っていたのと(今はどうかわかりませんが)ミドルレンジ機でここまでdocomoのバンドに対応している機種はなかったのでこれも購入の決め手でした。

悪い点は日本のスマホ市場ではマイナー(?)なAcerということもあってかアクセサリーが圧倒的に少ないこと。Amazonで検索してもあまり出てこないです。エリアメールにも一応対応しているようですがマナーモードにしてると音鳴らないみたいです。ここはダメ。

どんな人に向いてるか

ゲームしたり大量の複数アプリを立ち上げまくるなどヘビーに使わない、ネットやメール・LINEなどには使うけど動作がもっさりするのはイヤ、docomo系のMVNO業者に乗り換えたい人には良い機種です。

まとめ

僕がビックカメラで買ったときは端末代が2万5千円ぐらいだったかな。今は更に安くなってるみたいですよ。IIJmioの3GBプランに加入したのでMNPの手数料と端末代含めて2年間で考えてもおよそ3000円~3500円/月ぐらいで運用できる計算。

それ以降は端末購入しなかったらデータ通信費だけなら税込みでおおよそ1700円/月ぐらいで運用できることも可能になる。バッテリー交換可能な機種なのでバッテリーの心配はないけど、どこまでOSのアップデート対応できるかわからないから心配なのはそこだけかな。でも最低3年は使えると思ってます。

最悪端末が故障してもう一機端末買うことになってもdocomo運用時より安くなる計算になる。もともと通話はあまり使わない人間なのに月8000円も払ってたのが今になっては本当にバカらしい…。

開封した時の写真

今は売っぱらって手元に無いiPhone5cで撮った開封時の写真です。

f:id:Shu_KG:20160331212517j:plain
箱を開けるとこんな感じで出てきます。

f:id:Shu_KG:20160331212556j:plain
電池を交換できるスマホなので付属品。スマホの中には入っておらず取り付けないといけません。

f:id:Shu_KG:20160331212721j:plain
SIMカードと電池を取り付ける前の状態。蓋は正直なところ開けづらい。コツがいるのかもしれないが説明書のやり方では上手く開かず壊しそうで怖かった。

f:id:Shu_KG:20160331212739j:plain
取り付け後。SIMカードの取り付けは初めてだったけど簡単。ま、取り付けるだけですしね。