読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱力バスケと写真

下手だけど写真が好きなただのおっさん。バスケIQは赤ちゃんぐらい。日本バスケのスタッツを解析するだけの簡単なお仕事です。

猫カフェ「猫の時間 アメ村店」へ行ってきた【フィルム写真 其の六】

前回の天神祭りに引き続きもう8月のことだったのですっかり忘れてましたが猫カフェ「猫の時間」に行ってきました。

D750をばりばり使うぞー、なんて言ってたのにバッテリーを忘れるという失態。

仕方なくフィルムカメラで撮りました(サブ機として使うつもりだったけど持っていっておいて良かったー)

使用ボディ:Nikon FM
使用レンズ:Ai Nikkor 105mm f1.8s
使用フィルム:Lomography Lady Grey B&W 400 35mm

www.nekonojikan.com

f:id:Shu_KG:20161010155051j:plain
電灯の真下で温かい場所だったのもあってぐっすり。こういう光と影があるところの白黒写真っていい感じに写りますね。

f:id:Shu_KG:20161010155054j:plain
一斉に夕ご飯。ご飯の時間とわかった瞬間に店員さんに群がる光景はすさまじかった。

f:id:Shu_KG:20161010155055j:plain
この子は体調を崩していたのかこの場所からほとんど動かず。くしゃみしてたけどもう治っただろうか。

f:id:Shu_KG:20161010155057j:plain
アゴを無抵抗にぐいーんってされてるところをパチり。

f:id:Shu_KG:20161010155059j:plain
この「バレてないもん」って目を逸らしてるように見える仕草w

f:id:Shu_KG:20161010155101j:plain
で、こっちは帰り道にいた野良猫。僕のTwitterやブログでもたびたび登場してるはずです。今はもうちょっと大きくなったかな。

このころは割と近づかせてくれたんだけど最近ちょっと警戒心強めになってきた。

猫カフェで人慣れしてるといってもなかなか触るのは難しいね。でも動物と触れ合うと癒されます。

次はペット飼ってもいいマンションに引っ越そうかな。

秋の始まりに夏の写真「天神祭り2016」【フィルム写真 其の伍】

ブログにするのにえらいこと時間がかかってしまった!
2015年も行った天神祭りの様子を今年はモノクロフィルムでおさめてきた。

使用ボディ:Nikon FM
使用レンズ:Ai Nikkor 50mm f1.8s
使用フィルム:Lomography Lady Grey B&W 400 35mm

当然暗いしISO800のフィルムではないのでほぼ開放値で撮った記憶しかもう残ってない。

f:id:Shu_KG:20161004171342j:plain
人の多さにうんざりするものの屋台が並ぶとやはりテンションが上がります。

f:id:Shu_KG:20161004171344j:plain
マンゴーフルーツ、モノクロではトロピカルな感じはあまり伝わらないw

f:id:Shu_KG:20161004171347j:plain
浴衣で金魚すくい。って、この人何匹獲る気やねん!w

f:id:Shu_KG:20161004171352j:plain
はしまき。

f:id:Shu_KG:20161004171355j:plain
カップルで来たお兄さんが射的で必死に何かを狙っているところ。

f:id:Shu_KG:20161004171400j:plain
チーズスティックを挙げているところをパチり。

f:id:Shu_KG:20161004171405j:plain
やきとり。モノクロでも焼き鳥は美味そうだ。

f:id:Shu_KG:20161004171340j:plain
リンゴあめ。左のちっちゃいのは何だろう。

フランクフルトや唐揚げなんてどこで食べても美味しいのに、祭りで友人たちと一緒に食べるともっと美味しく感じるのは何故だろうか。久しぶりにかき氷なんかも頂いて至福の時間でした。

昨年Sigma dp2merrillで撮った天神祭りは以下のとおり。

天神祭2015

Bリーグ開幕戦のフリフラを少しだけ分解してみた。

f:id:Shu_KG:20160929142348j:plain
B.LEAGUEの開幕戦、フリフラを使った演出本当にきれいでしたねー。

でもねー、フィルムカメラやオールドレンズにはまっている自分としてはどうしてもやってみたくなったんです、ごめんなさい。

テーブル長いこと使ってるやつなんで汚くてごめんなさい、先に謝っておきます。

あとカメラ機能が全然ダメなスマホ使ってるのでこちらもご勘弁をw

f:id:Shu_KG:20160929141143j:plain
長いこと手首に巻いてると結構重たいというかしめつけで痛く感じる代物でした。自分の手首が細いせいもあるかな。

f:id:Shu_KG:20160929141144j:plain
手首に巻く部分と本体を分解。デザインは手首に巻く部分を変更すればいいだけなので応用効きますね。

f:id:Shu_KG:20160929141146j:plain
裏側はこんな感じ。

f:id:Shu_KG:20160929141148j:plain
まだ電池がつきます。ORL時代のホーレスグラント氏が電子化するとこんな感じでしょうか。

f:id:Shu_KG:20160929141149j:plain
番号札が貼ってあるところに+のねじがあったので外してフィルムケースへ。無くすと元に戻せませんから厳重に管理。

f:id:Shu_KG:20160929141151j:plain
パカッと開けてみました。ネジ2本しかないので単純です。電池が入っているのが見えます。意外と重たいのは電池が入っていたからなんですね。

f:id:Shu_KG:20160929141153j:plain
スイッチ側。

f:id:Shu_KG:20160929141155j:plain
全部ではないですがパーツを外すとこんな感じ。

f:id:Shu_KG:20160929141157j:plain
真ん中のネジ外すとさすがに壊れそうなのでやめておきましょう。ハンダ付もされてますし恐らくこれ以上は外れないはず。

f:id:Shu_KG:20160929141159j:plain
電池は富士通製品。

f:id:Shu_KG:20160929141201j:plain
単四形の電池でした。

以上、20分で書いたブログでしたーw

大阪、北海道の開幕戦のレポはやりませんw

大阪市立自然史博物館と長居植物園へ行ってきた

気分転換がてら友人と大阪市立自然史博物館長居植物園へ行ってきました。少しだけ秋の気配を感じつつあったんですが、この日は真夏日に逆戻り。少し曇りがちで予報では曇りだったんですが夕方からはきれいな青空が広がりました。

使用ボディ:D750
使用レンズ:フォクトレンダー Nokton 58mm F1.4 SL2N

Nokton 58mm F1.4は残念ながら先月あたりだったか生産終了が決定。なんとリニューアルするというニュースを見て仰天。シルバーとかまんまアレのデザインを…。少しだけコンパクトになって爪がついてくるなんてコシナさんやってくれるぜ!

閑話終了。

DSC_2904
長居公園につくといきなりカップルがイチャついていてイラッときました。強引にキスをせがむオトコと嫌がるオンナの絵です。もちろんウソです。

DSC_2901
友情の像のもとに集まる平和の象徴の鳩。水浴びしていました。大阪市姉妹都市サンクトペテルブルク(旧称レニングラード)だそうで、寄贈されたものだそうです。

特別展(氷河時代

www.mus-nh.city.osaka.jp
最初に行ったのが今特別にやっているこちら。大阪市立自然史博物館とのセット券なら700円ということでこちらを購入。

展示物の中には撮影禁止のものがあるらしく受け付けのお姉さんに聞くと禁止の張り紙が貼ってあるのでわかりますよ、と言われたものの一向に見つけられず。

DSC_2925

DSC_2924
とりあえず受付のお姉さんの前で撮っても何も言われなかったのでこれだけ撮ってみました。まるで生きてるみたい。

大阪市立自然史博物館

DSC_2931
博物館の入口の前にはナガスクジラの大きな標本が。名前はナガスケ。

twitter.com
なんとTwitterのアカウントもある。興味ある方はフォローされてはどうだろうか。

www.asahi.com
検索したら詳細が朝日新聞にありました。

DSC_2933
こっちの小さいほうは何だろうか。説明を見落としてしまった。

DSC_2946

DSC_2945
アメリカオレゴン州の木から作ったベンチだそう。

DSC_2958
こちらの博物館に勤める方は毎日夜になるとこいつらの相手をしないといけないのだろうか(映画の観すぎ)

DSC_2968
オオナマケモノの標本のレプリカ(といえばいいのかな?)。原標本はワシントン州立博物館にあるのだとか。今の俺はまさしくオオナマケモノである。

DSC_2978
ホタル石といえば?そうだね、レンズだね。他にもきれいな鉱石がたくさん展示してあった。こういった石や鉱物からレンズが作られていくと思うと不思議。

DSC_2996
昔理科室で見たようなやつです。ブラック会社によってダークサイドに堕ちた僕の近影ではない。

DSC_3003
お昼は館内の涼しいところでランチ。おいしそうなデザートもあったがブラック会社によって逆流性食道炎に陥った僕には食べらなかった(泣)

長居植物園でぶらりお散歩

ランチして休憩後は植物園でお散歩。

DSC_3006
こんな良い感じのベンチがたくさん。

DSC_3008
f1.4のピント面うっす!薄いぞ。俺の髪と比べたら…まだセーフだな。

DSC_3012
こっちも開放f1.4でとても柔らかい描写。

DSC_3011
f8まで絞るとこんな描写に変化します。

DSC_3023
池を覗いていると亀さんが餌目当てに人間に近づいてきます。写真では1匹ですがめっちゃいます。

DSC_3026
セミが恋人を見つける旅に出るために必死で抜けてきた道です。どの業界も大変ですねぇ。

DSC_3059
少し見上げて木を見ると大量にセミの抜け殻。

DSC_3046 とてもきれいな花。名前はド忘れ。

DSC_3072
アメンボなんて見るの十数年振りぐらいじゃないだろうか。

DSC_3097
池には白鳥もいたし鯉もいた。白鳥ってどうやって前に進んでいるのか不思議なぐらい優雅だった。スイーって移動するの。上からだと足が動いてるようには見えない。

夏場歩き回るのはちょっとしんどいけどたくさんベンチも設置してあるし。気分転換に散歩がてら行くと気持のいい場所です。

大阪市立自然史博物館と長居植物園へ
ここで紹介したのは一部なので良かったら見てください。

Bリーグの注目選手達(得点取ってる日本人選手編)

f:id:Shu_KG:20160907170319j:plain

とりあえずBリーグ(B.LEAGUE)って誰見りゃいいの?って方が今後増えてくるらしいので日本人選手で得点するのが上手い選手をあげてスタッツの観点から紹介してみましょう、というコーナー。おや、この始まりには薄っぺらい既視感が。

shu-kg.hatenablog.com
こちらはNBLが始まったときにやったやつですね。

今回も独断で偏見が入ってますので、あの選手がいないじゃないか!!って怒る前に自らの手で調べて当記事の選手たちと調べて頂けると「怒る」のではなくて「楽しめる」方向になると思いますのでご容赦くださいませ。

あとスタッツに関してはStats -某-さんからデータを拝借しております。
ありがとうございます、ありがとうございます。

以下、ノミネートされた独断と偏見で選んだ選手達。

金丸晃輔、古川孝敏比江島慎竹内公輔竹内譲次、辻直人、田中大貴五十嵐圭松井啓十郎城宝匡史岡田優、田口成浩、佐藤公威、喜多川修平、狩俣昌也、相馬卓弥、岸本隆一、岡田優介 (適当な順番で敬称略です)

岡田優介を入れるかどうか迷ったんですが、選手会長且つ京都に入って注目という意味で入れました。

みんな大好きタクヤ・カワムーラはここ2年元気がないので外しました。しかし彼は今季横浜で好き放題出来そうな気がしますのでスタッツをあげてきそうですね。

用語説明

PTS:総得点/3PM:3ポイントシュートを決めた本数/3PT:3ポイントシュートによる得点総数
2PM:2ポイントシュートを決めた本数/2PT:2ポイントシュートによる得点総数
FTMフリースロー(1点)を決めた本数つまりフリースローによる得点総数
FTAフリースローを打った本数/FGA:3ポイントシュートと2ポイントシュートを打った本数(決めた数ではありません)
FTA/FGA:フリースローを打った本数からFGAを割った数値。シュートに対してファールをもらった目安

サイトや記事によって表記違いますのでとりあえず当記事のみこれでやりますね。

日本人選手の総得点一番はだーれだ

name PTS 3PM 3PT 2PM 2PT
城宝匡史 891 101 303 221 442
金丸晃輔 890 108 324 215 430
古川孝敏 848 101 303 210 420
岡田優 812 142 426 138 276
田口成浩 761 114 342 155 310
佐藤公威 738 93 279 193 386
比江島慎 728 58 174 240 480
喜多川修平 697 111 333 150 300
狩俣昌也 681 127 381 103 206
辻直人 635 129 387 83 166
竹内譲次 626 14 42 220 440
岸本隆一 620 114 342 81 162
竹内公輔 619 29 87 223 446
松井啓十郎 618 96 288 145 290
五十嵐圭 609 94 282 104 208
相馬卓弥 599 113 339 110 220
田中大貴 542 44 132 167 334
岡田優介 278 70 210 20 40

試合数が旧リーグ(NBLとTKbjリーグ)では違ったのと選手個人間で試合出場数に違いがあり総得点には差が出ますが日本人選手に限ってシーズン中に一番点を獲ったのは城宝匡史(PG)となりました。PG(ポイントガード)って書いておかないと怒られそうなので記載しておきました。

期待の田中大貴はプレータイムが平均25.6分とはいえ期待を寄せている選手としては少し寂しい数字。Bリーグ開幕戦では30点ぐらい取って欲しいですねー(クソ解説者風)

シュート別の全得点割合

name PTS/3 PTS/2 PTS/FT
岡田優介 75.50% 14.40% 10.10%
辻直人 60.90% 26.10% 12.90%
相馬卓弥 56.60% 36.70% 6.70%
狩俣昌也 55.90% 30.20% 13.80%
岸本隆一 55.20% 26.10% 18.70%
岡田優 52.50% 34.00% 13.50%
喜多川修平 47.80% 43.00% 9.20%
松井啓十郎 46.60% 46.90% 6.50%
五十嵐圭 46.30% 34.20% 19.50%
田口成浩 44.90% 40.70% 14.30%
佐藤公威 37.80% 52.30% 9.90%
金丸晃輔 36.40% 48.30% 15.30%
古川孝敏 35.70% 49.50% 14.70%
城宝匡史 34.00% 49.60% 16.40%
田中大貴 24.40% 61.60% 14.00%
比江島慎 23.90% 65.90% 10.20%
竹内公輔 14.10% 72.10% 13.90%
竹内譲次 6.70% 70.30% 23.00%

岡田優介は75%が3ポイントシュートによる得点になります。辻も同様に高いですね。ジョージは逆に70%が2ポイントによる得点。田中大貴比江島慎がこの位置にいるのは少し意外?もう少し3ポイントシュートによる得点が多いものかと思っていました。

フリースローをもらうのが上手い選手はだーれだ

name FTM FTA FGA FTA/FGA
竹内譲次 144 201 472 42.60%
五十嵐圭 119 141 480 29.40%
岸本隆一 116 131 504 26.00%
竹内公輔 86 122 496 24.60%
城宝匡史 146 185 761 24.30%
金丸晃輔 136 160 766 20.90%
岡田優 110 146 714 20.40%
古川孝敏 125 140 688 20.30%
田口成浩 109 121 616 19.60%
辻直人 82 95 495 19.20%
田中大貴 76 91 480 19.00%
狩俣昌也 94 113 693 16.30%
比江島慎 74 96 604 15.90%
岡田優介 28 33 227 14.50%
相馬卓弥 40 69 518 13.30%
佐藤公威 73 95 736 12.90%
喜多川修平 64 68 594 11.40%
松井啓十郎 40 49 504 9.70%

おぉ、ジョージ。代表だとボールをインサイドでぽろりしちゃうこともあるけど国内リーグではファールをもらって得点につなげてるようです。先ほどの表にあったように23%をフリースローで得点を稼いでいるようです。

気になるのは松井啓十郎フリースローを打つのも得点の割合も極端に低い。古川孝敏のアイシン時代のように低い。プレーオフで影を潜めてしまう要因がもしかしたらここにあるかもしれないですね。

K様、多分この中だと最年長だけど奮闘してる。

エフィシェンシーフィールドゴール%(3ポイントの価値を1.5倍に換算したシュート確率)とトゥルーシューティング%(2ポイント、3ポイント、フリースローを全て含んだシュート効率の数値)

name eFG% TS%
松井啓十郎 57.3 58.8
辻直人 55.9 59.1
岡田優介 55.1 57.6
比江島慎 54.1 56.3
相馬卓弥 54 54.6
竹内公輔 53.7 56.3
喜多川修平 53.3 55.9
田口成浩 52.9 56.9
古川孝敏 52.5 56.6
竹内譲次 51.1 55.8
五十嵐圭 51 56.2
岸本隆一 50 55.2
金丸晃輔 49.2 53.2
岡田優 49.2 52.2
城宝匡史 48.9 52.9
田中大貴 48.5 52.1
佐藤公威 45.2 47.4
狩俣昌也 42.4 45.8

ちょっとばかし用語が難しいですがカッコ内の説明通りです。相変わらずeFGが高い松井、そしてフリースローをあまり打たないのでTS%も変わりようがないかな。相馬は3ポイントシュートはうまいがフリースローが58%とかなり悪い模様。先日引退した小菅直人も3ポイントをよく打つがフリースローをあまり得意としてなかった。3ポイントのシュート確率だけはキープしながらフリースローを高めていきたいところ。

福島からシーホース三河に移籍しシーズンオフの移籍市場でサプライズとなった狩俣昌也。チーム事情なのかマークが集中したのかわかりませんけど総得点の55.90%が3ポイントによる得点ながら3ポイントの確率は31.9%(打つ数も多い)と低いのが気になるところ。

https://stats.nanigashi.info/ranking_3pp.pl
ここのランキングだと3ポイントを打った数ではbjリーグ内で2位です。1位は岡田「優」のほう。

シーホースでどのぐらいやれるか、そしてスタッツに変化が現れるのかも楽しみになりそうなシーズンになりそうです。

以上、お粗末様でした。

手羽先と日常とおかんの手料理【フィルム写真 其の四】

まだ慌てるような時間じゃない(バスケネタを書くような時間じゃない) ほぼ毎日ブログを更新されてらっしゃる方々を尊敬してしまいますね(笑)

はてブロでフォトコンテストやってるみたいですが、そんな上手く撮れないおっさんなので応募はしません。

使用機材:Nikon EM
フィルム:フジカラー業務用ISO100
レンズ:Ai-s 50mm f1.8

f:id:Shu_KG:20160827213253j:plain
会社の同僚数人と手羽先を食べにいったところの写真。有名な「とめ手羽」さん。こっちは塩。

f:id:Shu_KG:20160827213345j:plain
こっちはタレ

f:id:Shu_KG:20160827213626j:plain
f1.8だけあってピント面が薄い。

f:id:Shu_KG:20160827213657j:plain
こっちは神戸に3x3を観に行ったときフィルムで撮ったほうだね。構図もクソもないなw

f:id:Shu_KG:20160827213801j:plain
水があると涼しさが増す。まだ真夏じゃなかったけど歩けば簡単に汗ばむぐらいだった。

f:id:Shu_KG:20160827213850j:plain
優勝チーム。決してアゴのご飯粒を取ろうとしているわけじゃない。

f:id:Shu_KG:20160827213856j:plain
やっぱりこの人の存在は文字通りデカイ(インド代表選手ですしね)。

f:id:Shu_KG:20160827214356j:plain
これはどっかの駅でエスカレーターの上りと下りの間にある水の階段。説明が長い。

f:id:Shu_KG:20160827214455j:plain
上の途中にあったお花。

f:id:Shu_KG:20160827214527j:plain
母親が作ってくれた魚の煮つけ。さわらだったかな。名前聞いたけど忘れちゃったw

母曰く「歳とったから舌がダメになったから味付けに自信ないわ」ってのを実家に帰るたびに十年以上同じことを聞いてるが味付けは最高に良かった。

だいたい6~7月に撮った写真かな。僕の場合2~3ヵ月に1本のペースでフィルムを消費するようなサイクル。これぐらいならお財布にも優しいかな。

リオ五輪男子バスケ世界最終予選の生中継を視聴するためには

始まってから「どこで見れるの?」と言う人、言われる人が減るように書きました。

OQTこと五輪最終予選の開催が近づいて参りました。スポーツはやっぱり生で観たいですよねー。男子は3つの都市で開催されてセルビア、フィリピン、イタリアです。日本男子はセルビアラウンドのグループBに属しています。そのため日本戦の中継は深夜になります。ちなみに日本のテレビ局で中継をやってくれるところはフジテレビさんです。

※当記事は個人が調べた範囲になりますので視聴方法や契約方法は必ず公式サイトを確認してくださいね。

日本戦の生中継放送時間

2016/07/04(月) 24:50~27:30(日本時間) 日本vsラトビア
2016/07/06(水) 27:50~30:30(日本時間) 日本vsチェコ
2016/07/08(金) 24:50~30:30(日本時間) ※日本が準決勝進出した場合のみ

テレビで視聴

地上波での放送は残念ながらありません。

www.skyperfectv.co.jp
CS309 フジテレビNEXT ライブ・プレミアム

家庭によって異なりますので視聴環境・契約チャンネルなどお間違えの無いよう。

インターネットで視聴

こちらは主に二つ。フジテレビNEXTsmartとFIBAが運営しているLIVEBASKETBALLTVです。

fod.fujitv.co.jp
月額1296円(税込)

こちらは上記日本戦の放送と各地で行われるそれぞれの決勝戦を放送します。決済方法もクレカやケータイ払い、楽天スーパーポイントなど豊富にありますので敷居は低いです。しかし日本以外の試合は決勝戦まで見れませんので注意を。

www.livebasketball.tv
月額5.99ドル(記事投稿時、日本円で614円ほど)
※追記 2016/07/04 現在638円でした。 ※追記2 購入するためのボタン(resubscribeやbuy now)などが表示されず次の画面に進めない場合、ブラウザの変更することで表示されるとの情報がありましたのでお試しください。

こちらは男子最終予選のすべての試合を生中継。応援してるNBA選手なども見たい場合はこちらを選択したほうがいいかもしれません。お値段もかなりお得ですが登録含めてすべて英語で決済方法はクレカやペイパルになります。

また注意点として(最近の大会ではないですが)昔地域制限をくらって見れなかったことがあったり、アクセスが集中すると画質が極端に落ちたり中継そのものが見れなくなることもあります。完全に中継が落ちることは記憶の限りないですがいちいちリロードしないといけなかったりめんどくさい面もあります。

初めて利用する人は先に契約してる人たちを探して様子見してみるのがいいと思います。少しでも不安を感じたり日本戦をきちんと見たい人はフジテレビNEXTsmartが安心です。

余談ですがフジテレビNEXTsmartはニコ動や楽天SHOWTIMEからでも視聴できるようなのでアカウント作成の敷居も少し低いですね(^^

f:id:Shu_KG:20160703113804j:plain
今回の一枚は2005年7月24日 キリンカップ2005大会 vsオーストラリアより。引退選手が増えてまいりました。